読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンダスタンド

わからないことだらけです。

休職することになりそうです

ここ1ヶ月はまたなかなか波が大きかったです。

前回記事を書いたアモキサン減薬により体調が大崩れし、1度はかなりリアリティのある「死に方」まで考えました。家の近くのホームセンターにどんなロープが売ってるか見に行くために足を運ぼうとしたのです。体調があまりに悪く、このまま生きるのなんてごめんだ、上手くやればドアノブとロープで死ねるんじゃないか、と思ったのがきっかけでした。その時は結構真剣だったのですが、結局ホームセンターに行く途中でラーメンを食べているうちに馬鹿らしくなってしまってロープの吟味は思いとどまったので、まあ笑い話の類だと思います。

その後、本来の診療日とは別の日に心療内科に駆け込み、アモキサンを元に戻してくれと頼み込み、薬を元に戻したことで体調はまた落ち着きました。

アモキサンがないともうダメなのではないかと恐怖していますが、主治医はやっぱり最終的にはアモキサンを減薬、断薬する方針のようです。

 

その翌週、産業医面談を受けました。

ほぼ強制的な指示のような形で休職を強く勧められました。

その後私がゴネにゴネたりしてかなり遅くはなったのですが、明日、診断書を貰いに病院に行く予定になっています。引きつぎのため年内は通常通り仕事をし、年明けから休職に入る見込みです。

 

うつ病で休むのが本当に正しい判断なのか、未だに分からずにいます。

本当に重症の人と比べたら私はまだ一応仕事も(何とか)出来ていて、調子がよければ友人と飲みにも行けて、家でごはんも作れます。今回は産業医からの強い勧めや職場の理解もあって休職ということになりそうですが、こんな状態で休んでしまうのはやっぱりただの甘えに思えてならないのです。

主治医も、「調子が安定しているならまだ今は働き続けるのもひとつの判断」という意見を述べられていました。理由として「夏山さんの場合、休むと焦燥感が悪化する可能性が高いから」と言われていますが、本当は「この程度で休むものじゃない、働け」と言いたいのではないかと、穿った捉え方をしてしまいます。

 

私は甘ったれのゆとりで、本当は休むべきでないのに、ゆるゆると甘やかされているだけなのだと思っています。

実際、年明けに今の仕事から手を離せると思うと、申し訳なさや不甲斐なさと同じくらいホッとしてしまうのです。

責任感なく仕事を放り投げられることにホッとする自分は、とても情けないと思います。そう思いつつも、やっぱり仕事から手を離せる事に安堵している自分がいて、自己嫌悪です。

 

また、今のところ実家には休職のこともうつ病のことも一切伝えずにいるつもりですが、産業医や上司からは実家に戻っての休養を強く勧められています。

家族へのカミングアウトも今後の課題になるかもしれません。

 

12月は、そんなこんなで色々と状況が動いた月でした。どうなることやらという感じですが、まずは休職を前向きに捉えられるように頑張ってみたいと思います。